ネックレスでおしゃれ生活

貴金属の選び方

シルバー(銀)、ゴールド(金)、プラチナのことを一般的には貴金属といいます。
これらはその美しさや希少性でずっと昔から、ネックレスや指輪などさまざまなアクセサリーに用いられてきました。
おもに宝石の留め具や地金などに使われます。

シルバー(銀)

私たち人間が初めて使った金属の一つがシルバーなんですよ。
柔らかな白い光沢が特徴のシルバーは磨くことでプラチナより強い輝きを引き出すことができます。
また、もう一つの特徴としてよくのびて、金属のなかでも熱や電気の伝導率が最大という点が挙げられるでしょう。
さらにシルバーはゴールドやプラチナと違って化学反応を起こしやすいという欠点を持っているので、すぐ変色してしまいます。
また、純度によって製造法が変わります。
黒ずみを防ぎたいなら、ロジウムメッキなどのコーティングが施されているものがいいでしょう。
ただし、これを施すとプラチナに近い光になってしまいます。
それでもシルバーのよさがすべて失われるわけではないので、安心してくださいね♪

ゴールド(金)

ゴールドの純度の単位はカラットです。宝石と同じですね。
最大純度の金は24金といわれ、K24と書きあらわします。日本で多く見かける18金は、75%のゴールドが含まれているのです。
純金だと軟らかすぎるので、ふつうは強度や硬度を補うために他の金属を混ぜ合わせているんですよ。
それは「割金(わりがね)」と呼ばれ、銀で割れば青みがかった金に、銅で割ると赤みの強い金になります。
ちなみに18金はイエローゴールドといわれます。これは75%が純金で、残りの25%のうち銀と銅が半分ずつの割合ですね。

プラチナ

プラチナは漢字では白金と書きます。
プラチナの色は白っぽいですが、銀のような白さとはちょっと違って、少し黒っぽい渋い感じの白さが特徴といえます。
プラチナは融点が1769度とすごく高く、比重も21.45とかなり重いです。
ゴールドやシルバーと同様によくのびる上に、粘り気もあるんですよ。
この特徴のおかげで、小さな爪でもしっかり石留めができるので、いろいろな種類の宝石をセットしやすく、親しまれています。
アクセサリーを作るのに酸化しにくいこともプラチナが好んで使用される理由かもしれません。

品質と耐久について
貴金属の選び方
宝石について

ネックレスでオシャレ生活

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊