ネックレスでおしゃれ生活

ネックレスの歴史

日本にしても外国にしてもネックレスは様々な遍歴を経て現在に至っています。
ぜひこの興味深いネックレスの歴史について勉強してみましょう!

外国のネックレスの歴史

ネックレスはいろんなアクセサリーの中でも一番古い歴史を持っていると言われています。
大昔は動物の骨や牙、貝殻などを植物を使って縄のように編みこんだものに通して、それを首にかけていたんですよ。
ですが、その当時は今のようにオシャレをする目的で身につけていたのではなく、身分を証明するものだったり、豊作を願うときに使われたり、ときには占いなどにも利用されていました。

最近になって男性もネックレスをしている姿をよく見かけるようになりましたが、まだネックレスを女性用のアクセサリーと思っている人も多いかもしれませんね。
けれど、昔は男女ともごく普通にネックレスを身につけていたんですよ。

古代エジプト時代にはピラミッドの王族がきれいな宝石が散りばめられたネックレスをつけていたことが、出土した遺品からわかっています。
ローマ時代に入ると貴族の女性たちはカラフルな宝石をたくさん金の枠にはめ込んであるネックレスを好んで身につけていました。
18世紀にはヨーロッパ中にフランスの宝飾技術が広まり、花やリボン、渦巻きの形をしたペンダントが流行るようになりました。
それから時代の変化とともにヨーロッパの上流階級では胸元が大きく開いたドレスの人気が高まっていったのです。

そうなると自然とネックレスもよく使われるようになっていったんですね。

日本のネックレスの歴史

さて、日本でのネックレスの歴史はというと古墳時代からヒスイやメノウ、水晶、碧玉(へきぎょく)<ジャスパーとも呼ばれています>などの宝石を用いたものを人々は身につけていました。
外国と同様に日本でも男女問わずネックレスをしていたんですよ。
その代表的なものに聖徳太子がしていたとされる勾玉(まがたま)があります。
この勾玉は権力の象徴やお守り代わりに使われていました。ヒスイや青メノウ、赤メノウ、さらにガラスや土器で作られた勾玉も古墳から発見されています。
ですが、服飾の技術が進むにつれてしだいに宝石類の人気は落ちてしまったのです…。
だんだん国の事情も背景にあったため、アクセサリーそのものが影をひそめていきました。

こうして再びネックレスを含めたアクセサリーの人気が出始めるのは、昭和に入ってからのことです。
急激な経済発展にともなって、人々のオシャレに対する関心も大きくなっていったんですね。

ネックレスを知ろう!
ネックレスの歴史
ネックレスの役割
ネックレスの仲間

ネックレスでオシャレ生活

[PR]
赤ちゃん 夢占い 心理テスト
占い 心霊