ネックレスでオシャレ生活のメニュー

このページをブックマークする
このページをブックマークする

ネックレスの素材・その1

ここでは、ネックレスの素材について見ていきましょう。貴金属のものはドレスアップをしたときに、革などはカジュアルな服装に…。このようにネックレスには色々な素材が使われていて、服装によって様々なコーディネートを楽しむことができます♪

 

ネックレスの素材1:金・銀

見出しに金属と書きましたが、ここではネックレスの素材としておなじみの金・銀について紹介しようと思います。

金について…

金

金のネックレスはとても人気があると同時に高価なものでもあります。ネックレスなどのアクセサリーに加工する場合は、ほとんど純金が使われることはありません。

というのは、金はとてもやわらかいので他の化合物と混ぜ合わせなければ加工できないからです。化合物の割合によって、金はいくつかの種類に分けられます。これらは18金の場合です。

イエローゴールド

金75%、銀15%、銅10%のものがイエローゴールドといわれます。化合物の割合の違いでうすい色になったり、赤みのある金になったりします。

ピンクゴールド

金75%、銀10%、銅15%のものがピンクゴールドといわれます。これは若い女性を中心に人気を集めているんですよ♪レッドゴールド、ローズゴールドなどのカラーもあります。

ホワイトゴールド

金75%、銀15%、パラジウムまたはニッケル10%のものがホワイトゴールドといわれます。ちなみに日本で作られるホワイトゴールドの多くはパラジウムでの合金なんですって。

金メッキ

さきほども書いたように金のネックレスは高価なので、学生など若い人は金メッキ製のアクセサリーをしている人も多いですよね。これは地金が銀で、そこに金メッキを施したものになります。金メッキのネックレスも長い時間、身につけていると肌に黒いラインが付いてしまったり、ネックレス自体が変色してしまうこともあります。

銀について…

銀

銀のネックレスは男性のあいだでも絶大なる人気を誇っています!比較的若い年齢層に支持されていますね。作る側も加工しやすく、買う側の私たちにとっても値段も手頃で扱いやすい点が魅力といえるでしょう。

もちろん、高価なブランドものもありますけど…。男性にはゴツゴツした太くて重い感じのネックレスを好む人がたくさんいますね。

また、これは男女問わずだと思いますが、ネックレス以外にも指輪やブレスレットなどのアクセサリーをすべてシルバーで統一している人もいます。そうやって揃えやすいのも銀の良さなのではないでしょうか。全体のバランスを見て、つけるようにしましょうね。

 
ページの上に移動

ネックレスの素材2:プラチナ

プラチナ

次はプラチナについて紹介しましょう。あまり流行に流されず、お気に入りのネックレスを長く使いたい人にはプラチナがおすすめです!プラチナそのものがやわらかいのでキズはつきやすいですが、銀と違って黒く酸化しないうえ、金のように減ることもないのです。

プラチナはPt900、Pt950などと表記されて、数字が大きいほどプラチナの純度が高くなります。プラチナネックレスをはじめ、いろんなアクセサリーの素材としては最適で、幅広い年齢層の男女に受け入れられています。ちなみにホワイトゴールドとは別物なので、お間違いなく!

 
ページの上に移動

ネックレスの素材3:革(レザー)

革(レザー)

今度は貴金属とは雰囲気の異なった革(レザー)を見てみましょう。男性に好評のネックレスの一つに革(レザー)があります。革はカジュアルなファッションとあわせやすいのが特徴ですね。

チェーンの部分が革になっているものや、最近はペンダントトップの部分に少しだけ革を使っている「ちょい革使用」のレザーネックレスもブームになっています!また、革といえば茶色や黒をイメージしますが、白や水色、赤などカラーバリエーションも豊富なんですよ♪

使われている革の種類は牛革が一般的ではないでしょうか。牛革は厚く加工できるのが特徴でネックレスのチェーンなどを丈夫に作ることができます。そのほか、靴底やベルトなどにも用いられています。

 

ページの上に移動