ネックレスでオシャレ生活のメニュー

このページをブックマークする
このページをブックマークする

ネックレスの長さ

ここではネックレスの長さについてお話します。ネックレスをつける上で長さは結構重要なポイントになります。併せて、太さも要チェックです。TPOや着る服のデザインなどに合わせましょう。特にペンダントトップのないものはすぐチェーンに目がいくので、全体的にキレイに見えるように長さ調節しなければなりません。

 

長さ別のネックレスの呼び名

長さ別のネックレスの呼び方

みなさん、ネックレスに長さごとの呼び名があることをご存知ですか?大きく5種類に分けることができます。では短いものから順に紹介していきましょう。

チョーカー

長さ約35〜40cmのものをチョーカーといいます。また、犬の首輪に似ていることからドッグ・カラーとも呼ばれているんですよ。なかでも宝石を散りばめた豪華なものはティアラとともにブライダル用のアクセサリーとしても人気を集めています。パーティー用から普段使いまで幅広い使い方ができます。

プリンセス

長さ約40〜45cmのものをプリンセスといいます。この長さはネックレスの基準サイズとされています。絵本に登場するようなお姫様が身につけているネックレスの長さから、こう名付けられたのでしょう。ドレスなどを着たときには一番上品でキレイに見える長さといえます。

マチネー

長さ約50〜55cmのものをマチネーといいます。マチネーはフランス語でミュージカルや演劇などの昼の公演を指します。このタイプのネックレスは昔から欧米の昼間の社交界でよく用いられていました。ワンピースやハイネックセーターに合わせるとカジュアルさと上品さが同時に演出できますよ!

オペラ

長さ約70〜80cmのものをオペラといいます。オペラは昼間ではなく、夜に催されることが多いです。このことから欧米の社交界で、夜のパーティーなどに多く使われる少し長さにボリュームのあるこのタイプのネックレスがこう呼ばれるようになりました。ドレッシーな装いにぴったりのネックレスです♪

ロープ

長さ約107cm以上のものをロープといいます。オペラよりさらにボリューム感のあるネックレスですね。カジュアルからフォーマルまでどんな装いにも似合います。2連巻きにしたり、ブレスレットと組み合わせてみたり…。使い勝手のよさが嬉しいですね♪このロープタイプでワンランク上のおしゃれを目指してみませんか?

 
ページの上に移動

ネックレスの長さを決めるポイント

ネックレスの長さを決めるポイント

次はネックレスの長さを決めるポイントを紹介しましょう。ネックレスを選ぶときの参考にしてくださいね。男性は下記の長さプラス5〜10cmがちょうどいいですよ。

チョーカータイプは首元スッキリ!

この長さは首元をスッキリ見せてくれるスリム仕様です。ペンダントトップをつけるなら40cmの長さがおすすめです!初めてネックレスを買うという人は、この長さから始めると失敗しませんよ。

カットソーではトップが隠れるプリンセスタイプ

42〜45cmくらいのちょっと長めのチョーカー、またはプリンセスタイプのトップ付きネックレスはカットソーには向きません。せっかくのトップが隠れてしまう可能性大です!ハイネックの服を着るときにつけるといいですよ。また、首のラインをすっきり見せる効果もあります。

アレンジ自在のマチネー以上の長めタイプ

50cm以上のネックレスは胸元で大きく揺れるのが特徴です。少し大きめのペンダントトップがよく合います。ペンダントトップがいい感じに胸のあたりにくることで、より一層体のしなやかな動きが際立ちますよ。個性を前面に押し出したい人に最適です!

 
ページの上に移動

ネックレスの太さも大事!

ネックレス選びのポイントは太さにもあります。長さとともに太さにも気を遣えば、また違った雰囲気を演出できます♪

長さはもちろん、ペンダントトップの有無やチェーンの素材、服装などによってもそれに合う太さは変わってきます。

極細

小さめのペンダントトップと組み合わせましょう。すごく小さなペンダントトップなら、何個か並べてつけても可愛いですよ♪長さや太さの異なったネックレスと一緒につければ、ゴージャスな感じになります。

細め

細めのネックレスはごく一般的なタイプで、オフィスでもプライベートでも活躍します。どんなアクセサリーとも相性がいいため、気軽に身につけられるのが魅力的ですね。いつもつけていても邪魔にならず、普段のさりげないオシャレに役立ちますよ。

太め

太目のネックレスはちょっと大きめのペンダントトップとの相性抜群です。また、ネックレスそのもののデザインだけで、パッと人の目を引くものもあるんですよ。ときにはシンプルなものが一番いいこともありますよね。

極太

主役はネックレス!といった、とても目立つ太さです。こういった太いタイプをつけるときは、首周りのゆとりと服のえりの形をチェックすることが大切ですよ。必ず鏡に全身を映して全体のバランスをみてみましょう。

 

ページの上に移動