ネックレスでオシャレ生活のメニュー

このページをブックマークする
このページをブックマークする

ネックレスの品質にこだわろう!

ここでは、品質に重点をおいたネックレスの選び方についてお話します。縁日などで買うオモチャちっくなネックレスなどと違って、ちゃんとしたものを買おうと思ったらアクセサリーは全般にそれなりの値段がします。せっかく買うなら良質なものを選びたいものですね。

 

「貴金属ネックレス」の選び方

シルバー(銀)、ゴールド(金)、プラチナのことを一般的には貴金属といいます。

これらはその美しさや希少性でずっと昔から、ネックレスや指輪などさまざまなアクセサリーに用いられてきました。おもに宝石の留め具や地金などに使われます。

シルバー(銀)の品質

シルバー(銀)

私たち人間が初めて使った金属の一つがシルバーなんですよ。柔らかな白い光沢が特徴のシルバーは磨くことでプラチナより強い輝きを引き出すことができます。また、もう一つの特徴としてよくのびて、金属のなかでも熱や電気の伝導率が最大という点が挙げられるでしょう。さらにシルバーはゴールドやプラチナと違って化学反応を起こしやすいという欠点を持っているので、すぐ変色してしまいます。また、純度によって製造法が変わります。黒ずみを防ぎたいなら、ロジウムメッキなどのコーティングが施されているものがいいでしょう。ただし、これを施すとプラチナに近い光になってしまいます。それでもシルバーのよさがすべて失われるわけではないので、安心してくださいね♪

ゴールド(金)の品質

ゴールド(金)

ゴールドの純度の単位はカラットです。宝石と同じですね。最大純度の金は24金といわれ、K24と書きあらわします。日本で多く見かける18金は、75%のゴールドが含まれているのです。純金だと軟らかすぎるので、ふつうは強度や硬度を補うために他の金属を混ぜ合わせているんですよ。それは「割金(わりがね)」と呼ばれ、銀で割れば青みがかった金に、銅で割ると赤みの強い金になります。ちなみに18金はイエローゴールドといわれます。これは75%が純金で、残りの25%のうち銀と銅が半分ずつの割合ですね。

プラチナの品質

プラチナ

プラチナは漢字では白金と書きます。プラチナの色は白っぽいですが、銀のような白さとはちょっと違って、少し黒っぽい渋い感じの白さが特徴といえます。プラチナは融点が1769度とすごく高く、比重も21.45とかなり重いです。ゴールドやシルバーと同様によくのびる上に、粘り気もあるんですよ。この特徴のおかげで、小さな爪でもしっかり石留めができるので、いろいろな種類の宝石をセットしやすく、親しまれています。アクセサリーを作るのに酸化しにくいこともプラチナが好んで使用される理由かもしれません。

 
ページの上に移動

宝石類の選び方

ネックレスを買うとき、多くの人はチェーンなどより先にペンダントトップの宝石に目がいくと思います。宝石も、もちろん品質の良いものを選びたいですよね!けれど、こればかりは自分の見た目や考えだけで選ぶのにはむずかしいものがあります。

一口に宝石といっても数多くの種類があるので、ここで全部の説明をすることはしません。どの宝石にも共通して言えること…それは最後に何を決め手に買うのかは自分次第ということです。宝石のサイズが大きいものを選ぶのか?それとも小さくても高価で高品質のものを選ぶのかは、人によって違うでしょう。

店員さんにも相談してみると、いいアドバイスをくれますよ。プレゼントで買う場合は相手の好みを事前に聞いておくことも、値段・品質などをあわせてどれくらいものを買えばいいのかという参考になります。

エンハスメントって?

エメラルド

多くの宝石には鑑別書が付いています。たとえばエメラルドの鑑別書には、エメラルドはエンハスメントを行なわれているおそれがありますなどの記載があります。エンハンスメントとは天然の宝石に人間の手が加えられて、色などを変えているという意味です。

エメラルドには多くのキズがあって、割れてしまうこともあります。それを防止するために接着剤のエポキシ樹脂を入れてあったりします。このような理由から鑑別書に記載するようになったんですよ。ですが、すべてのエメラルドに手を加えてあるわけではありません。

 
ページの上に移動

ネックレスの買い方も大事!

ネックレスの買い方も大事!

みなさんはネックレスを含むアクセサリー類をどこで買いますか?ブランドもののジュエリー専門店、デパートなどにあるアクセサリーコーナーなど、色んな所で買うことができますよね。

それから、最近はインターネットでアクセサリーを買う人も増えてきました。買う側も少しくらい高価でもいいから品質のいいものをという人や、流行りモノやブランド品をできるだけ安く手に入れたいと思う人など様々です。

お店に直接行って買うメリットは、実際に実物を自分の目で確かめられること。一方で、インターネットの場合は家にいながら、安いものを探せること。オンラインショップにしろ、オークションにしても写真でしか品物を見られないぶん、店員や出品やとのやり取りが大事になります。

どんなものが欲しいのか、懐具合とも相談しつつ、自分の納得のいく買い方をしてくださいね。いい買い物をして男性も女性もオシャレのセンスを磨きましょう!

 

ページの上に移動