ネックレスでオシャレ生活のメニュー

このページをブックマークする
このページをブックマークする

ネックレスのお手入れ方法

ネックレスのお手入れ、いつもどんなふうにしていますか?気がついたときしかしていない、お手入れ方法が分からないという人も多いのではないでしょうか。ちゃんとお手入れすると、本来の輝きを取り戻しますよ!

 

ネックレスを含めたアクセサリーの注意点&お手入れ

ネックレスと他のアクセサリーのお手入れ方法には、多くの共通点があります。それらの注意点を紹介しましょう。貴金属製で宝石が付いたアクセサリーの場合は特に気をつけてくださいね。

お化粧が終わってから、つけましょう!

お化粧が終わってから、つけましょう!

ファンデーションや口紅などは成分の大半が油です。なかでも琥珀(こはく)サンゴ、真珠などは油をかなり嫌います。

なので、お化粧を全部してしまってからネックレスやピアスといったものをつけるようにしたほうがいいですよ。化粧品がついた手で触らないようにしましょう。


アクセサリーをしてキッチンに立つのはダメ!

アクセサリーをしてキッチンに立つのはダメ!

キッチンで炊事をしていたら、落としたわけでもないのにネックレスや指輪の石にヒビが入った!なんてことありませんか?

キッチンでは火を使いますよね。火によって急な温度変化が起こったことでヒビが入ったと考えられます。ほかにも漂白剤、ジュース、酢など、キッチンには石を変色させそうなものがそろっています…。

せっかくのアクセサリーを台無しにしてしまわないように、キッチンではできるだけ身につけないことをおすすめします。

外すとき・しまうときも慎重に!

外すとき・しまうときも慎重に!

特に一日中つけていたネックレスなど、ほとんどの部分が肌に触れるものは特にたくさんの汗や皮脂、外気の汚れなどが付いています。外したら、すぐにきれいな柔らかい布などで優しく拭いてあげましょう。

それでも汚れが気になるときはぬるま湯で軽くすすぎます。さらに注意したいのが、ジュエリーボックスにしまうとき。つい、いくつものアクセサリーを一ヶ所にしまうと、チェーンが絡まったり、ペンダントトップがぶつかり合ったりしますよね。

今は雑貨店などでも手頃な値段でいろんなタイプのジュエリーボックスが販売されています。アクセサリーを全部一緒にしまえるものや指輪用、ネックレス専用など個別にしまえるものもありますよ。

 
ページの上に移動

ネックレスを守る保存方法は?

さきほど書いたようにジュエリーボックスには様々なタイプがあります。フックにぶら下げるタイプのジュエリーボックスはペンダントトップやチャームが隣のネックレスとぶつかったり、チェーンが絡まってしまうことがよくあります。私自身もしょっちゅう絡まってチェーンとたたかっているのですが…。

一つのフックにあまり何本も下げるのを避け、ペンダントやチャーム部分をビニールの小さな袋などで覆いましょう。一方、寝かせるタイプのジュエリーボックスは一つの仕切りのなかには1本だけしまうようにしてください。これがキレイにしまうための決まりです。

 
ページの上に移動

「貴金属ネックレス」の黒ずみを落とすには?

さて、ネックレスをはじめ、貴金属のアクセサリーのお手入れで一番悩むのが「どうしたら黒ずみが落ちるのか?」ということだと思います。そこで黒ずみを落とす方法を紹介しましょう。ぜひ、試してみてくださいね!

黒ずみを落とす方法・その1

歯磨き粉

まずは、家庭にあるもので簡単に黒ずみを落とす方法です。用意するものは歯磨き粉、ティッシュ、綿棒、爪楊枝…これだけです。

ちなみに歯磨き粉は塩が入っていないものを使いましょう。ティッシュに歯磨き粉をちょっとだけつけて磨きます。そのあと、きれいなティッシュで乾拭きしてください。見違えるほどピカピカになりますよ♪

歯磨き粉の付けすぎに注意して、細かい彫りがある部分などは綿棒を使うか、爪楊枝にティッシュを巻いて磨きましょう。最後は水ですすぎます。このとき、歯磨き粉のつけすぎと強い力でのこすりすぎには十分な注意が必要です。歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、あまり強い力でこするとキズがついてしまいます。

黒ずみを落とす方法・その2

次は市販の専用クリーナーを使う方法です。クロスタイプ、液体タイプ、ペーストタイプ、ローションタイプ、半練りタイプ、スプレータイプなど色々な専用クリーナーがあります。ネックレスのチェーン部分の黒ずみを取るなら液体タイプがおすすめですよ。

それぞれの特徴をよく知った上で使ってくださいね。また、いぶし加工しているものの黒ずみやキズを取る場合、しっかり確かめてからお手入れしましょう。

 

ページの上に移動