ネックレスでオシャレ生活のメニュー

このページをブックマークする
このページをブックマークする

ネックレス活用術

みなさんはネックレスをどのように使いますか?こんな質問をしたら「この人、何言ってるの?!」と思われるかもしれませんね。実は首につけること以外に、結構いろんなふうに活用できるんですよ。ネックレスの活用術から、ネックレスの新たな魅力を発見してください♪

 

ネックレスをブレスレット&アンクレットにする!

それでは、まず無難なところから…。ロングタイプのネックレスを2〜3連にして手首や足首に巻いてみましょう。そうすれば、ネックレスがブレスレットとかアンクレットに変身しますよ!

ネックレスチェーンのところどころに天然石がついているものや皮製、肌を見せる機会が多い夏場なんかはビーズのネックレスを活用すると涼しげに見えますね♪本物のブレスレットなら重ねてつけたいときは2個も3個も、というふうになってしまいますがネックレスだと1本で済むのでお手軽です!

男性にもこれはぜひやってみてほしいですね。特に皮製のネックレスを使うといいと思いますよ。ここで少しブレスレットとアンクレットについてお話しましょう。

ブレスレットは右手首?左手首?

ブレスレットは右手首?左手首?

みなさんはブレスレットを右手首につけますか?それとも左手首につけますか?私は利き手が右手なので、左手首につけます。そうじゃないと付け外しが不便なので…。

よくパワーストーンが使われているブレスレットは、どっちの手首につけるかによって異なった意味を持つと聞きます。たとえば、右手はエネルギーを放出する手のため、アクティブに行動したいときや勢いがほしいときは右手首につけることをおすすめします。

一方、左手首はエネルギーを吸収するといわれています。癒されたかったり、何か知識を身に付けたいときは左手首にするといいですよ。また、なかなか寝付けないときも左手首が効果的です。

アンクレットの特徴は?

アンクレットの特徴は?

アンクレットは足首用のアクセサリーのことをいいます。アンクルとは英語で足首という意味で、そこから名づけられました。別名レッグレットと呼ばれることもあります。

アンクレットの歴史をさかのぼっていくと、古代エジプト時代から用いられていました。ですが、当時はアクセサリーとしてではなく、信こう的な意味合いで身につけられていたんですよ。

今のようにアクセサリーとしての人気が出てきたのは1920年以降のことです。アンクレットの素材はチェーンやイミテーションジュエリー、ビーズなどがあります。足首という目立たない場所ですが、だからこそ身につける人のセンスが光るアクセサリーの一つといえるでしょう。

 
ページの上に移動

ネックレスをベルトにする!

ネックレスをベルトにする!

次に紹介する活用方法もロングタイプのネックレスが適しています。腰にベルト代わりに巻くと、ちょっとしたアクセントになりますよ。

女性はワンピースなどを着た際に試してみてください。何もつけないのと比べると全体の雰囲気がガラリと変わります!ネックレスチェーンの先を長めにたらすのが素敵に見えるポイントですね♪

ちょっと風変わりな全部毛糸で編み込んだような軽い感じのネックレスでも可愛いと思います。これは女性らしさを演出できるのではないでしょうか。男性ならジーンズ、少し太めのチェーンだったらショート丈のジャケットにとか…いろんな組み合わせを楽しんでください。

また、最近は最初からネックレスとしてもベルトとしても活用できる2ウェイタイプのアクセサリーが販売されているんですよ!このタイプはイタリアなど海外でも大人気なんですって。

 
ページの上に移動

ネックレスをヘアーゴムにする!

これを読んでくれている人のなかにネックレスをヘアーゴム代わりに使っている人はいるでしょうか?ブレスレットをヘアーゴムの代わりにするなら分かるけど…って言われそうですね。

ネックレスだって、ヘアーゴムとして活用できるんですよ。チョーカータイプの短いものなら使えますよね。ただ、そのまま結んでもすぐにほどけてしまうので、長い時間結んでいる場合は一度軽く細いゴムなどでまとめてから、その上に巻きつけるかたちで結んだほうがいいかもしれません。

ちょっと髪の量が多い人はチェーンの長いものを何十にも巻くと結構目立っていいアクセントになるでしょう。皮製やネックレスチェーン自体が太めのものは丈夫なのでヘアーゴムに向いています。手始めに普段はあまり使ってないネックレスでやってみてはいかがですか?

 

ページの上に移動